男性任せの避妊は失敗の可能性大
避妊をするカップルの殆どは外出しやコンドームなどという避妊が一般的だと思います。

しかし、男性ばかりに頼ってばかりだと避妊に失敗してしまうこともあります。というのも、コンドームといった避妊具はしっかり装着していても破損する可能性があるからなのです。

また、外出しをしていたとしても挿入中に微量の精液が出ています。微量であっても精液には精子が含まれているので妊娠してしまう可能性があるのです。

日本を除く先進国では女性が低用量ピルを使って行う避妊が一般的です。

海外では若い女性の過半数以上が低用量ピルを使った避妊をしているのです。

しかし、低用量ピルはあくまでも避妊薬であり、性感染症予防のお薬ではありませんので、性感染症を防ぐにはコンドームを着用しなければいけません。

『避妊確率はどれくらいあるのか』

低用量ピルの避妊確率はどの避妊薬よりも高く毎日正しく服用していればほぼ完璧に避妊ができます。

コンドーム等に比べると圧倒的に避妊確率も高いことがあげられます。

低用量ピルの服用の仕方もいたって簡単で毎日決まった時間に服用するだけです。また、女性ホルモンから作られているので体への害も少ないのです。

『避妊は低用量ピルがお薦め』

低用量ピルで高い避妊効果
避妊には低用量ピルがお薦めです。副作用も他のピルに比べだいぶ少ないので体への負担もないのです。

男性任せの避妊に頼るよりも女性自身が低用量ピルで避妊をする方が避妊効果は高いのです。

コンドームの避妊率は約85%だと言われています。そして外出しの場合も約80~75%前後だと言われています。

避妊するのであれば女性が主体になった方が妊娠を高い確率で防ぐことができるのです。低用量ピルも緊急用のアフターピルも通販で購入することが出来るので備えておくことが大切です。