海外ではピルは10代から服用できる
日本では低用量ピルの服用できる年齢について様々な意見があります。10代での服用は体に悪いのでは、10代でピルを用いた避妊にたして賛否の声がある中、海外では10代であっても自身で購入することができるのです。

パートナーの子どもを妊娠しないように低用量ピルを服用している学生もいるのです。

避妊は女性にとって大切な行為であり、避妊に対してしっかりとした意識を持っているのです。海外の女性は避妊に対してしっかりとした性教育がされていて性交渉自体を恥じていないのです。

また低用量ピルを服用する理由は避妊だけでなく10代は生理周期が安定していない為、生理痛といった悩みを多く抱えている場合にもする女性もいるのです。

『低用量ピルはいつから?服用ができる年齢を知る』

生理痛が酷く生活にも支障をきたす場合は低用量ピルを服用するのもひとつの手です。

低用量ピルは12歳から服用することが可能ですが、体重や血圧など身体的な項目をクリアすれば低用量ピルを服用しても良いとされています。
女性にとって生理とは上手に付き合っていかなくてはなりません。

【なぜ生理痛が起こるのか】

低用量ピルは避妊以外にも生理の症状を緩和してくれる作用があります。
女性で生理の悩みを抱えている人は多くいます。

中には生理痛が酷く学校や仕事、私生活にまで支障をきたしている女性もいるほどです。

そもそも生理痛は厚くなった子宮内膜が剥がれ落ちる際に、子宮が強く収縮し痛みが出てしまいます。このように月経困難症の症状は初潮を迎えたばかりの小学生や中学生にもある現象です。初潮を迎えたばかりは生理周期が安定していないことも多く、安定するまでに3年ほど掛かるとも言われています。

生理痛を我慢するのではなく、低用量ピルで治療をする方法もあるのです。