女性の体は複雑で少しの出来事でも生理周期が乱れてしまうことも・・・

また日頃から生理不順で悩んでいる女性や生理痛が酷くて生活に支障が出るほどの女性もいるほどです。

しかし、女性に生まれてきたからには生理は付き合っていかなくてはいけません。女性にとって生理は女性ホルモンと大きく関係しています。

ですので閉経が近づくと逆に女性ホルモンであるプロゲステロンが減少し、更年期障害を引き起こしてしまうことも・・・

そんな女性ならではの症状に低用量ピルが力になってくれるのです。

『生理だけじゃない低用量ピルは避妊にも効果が期待できる』

低用量ピルは生理不順や更年期障害の治療以外にも高い避妊効果があります。それは、含まれているプロゲステロンというホルモンが卵巣の働きを抑えることによって99%の避妊効果があるのです。

低用量ピルの避妊力は、アフターピルをも上回る力があるのです。

その反面、副作用は数あるピルの中でも群を抜いて少なく、ピルの中で一番安全性が高いお薬でもあります。

ただ、それはアフターピルであっても低用量ピルであっても用量や使用方法を守らなくては危険です。

【低用量ピルの役目とは】

低用量ピルの効果
もともと、女性の生理の悩みを解決する為に作られたお薬なのです。その後、避妊にも効果があることが分かり、副作用がもっとも少ない避妊薬として服用する女性が増えてきました。

少量のエストロゲンとプロゲステロンを含んでいる低用量ピルは、毎日決まった時間に飲むことで避妊や生理不順に効果があります。

国外では10代からを服用して避妊をしているという女性もいるのです。

また、閉経間近の女性や閉経してしまった女性の更年期障害の治療にも使われているのほど、幅広い女性の体の悩みを治療するお薬として使われてきました。

低用量ピルは使い方によって女性に嬉しい効果をもたらしてくれるお薬なのです。そんなピルは通販で買うことができます。